投資・資産運用

オンラインカジノとは?違法なのか?危険性について

2018年7月、カジノを含む
統合型リゾート実地法案が成立しました。

2020年の東京オリンピックまで2年を切り、
2025年の大阪万博も決まり、
このカジノ法案は
日本の大きなお金の動きを
生み出すことになるでしょう。

カジノはここ数年で
日本でも身近なものとなります。

ギャンブルなので、
楽しみの1つとして
関わるのは良いかもしれませんね。

今回はカジノの中でも
オンラインカジノについて、
記事を書いていきます。

オンラインカジノとは?

カジノ法案も成立して、
今後カジノへの関心は高まるでしょう。

その中でオンラインカジノとは、
インターネット上で仮想的に
開帳される賭博場になります。

インターネット環境があれば、
パソコンやスマホでカジノを
体験することができます。

24時間好きな時間で
楽しめるオンラインカジノは
無料で楽しむこともでき、
実際のお金でカジノを
することも可能です。

ブログやSNSなどで
オンラインカジノの
必勝法などを売っている人もいます。

調べた範囲では
きちんとやり方を学べば
勝てるものもあるようです。

オンラインカジノは違法なのか?

刑法第185条によると
賭博をした者は、
50万円以下の罰金又は科料に処する。
ただし、一時の娯楽に供する物を
賭けたにとどまるときは、
この限りでない。

となっております。

賭博という行為自体、
日本では違法行為ですが
パチンコやパチスロ、競馬など
お金をかける行為は
他にも公に行われています。

ただし、一時の娯楽に供する物を
賭けたにとどまるときは、
この限りでない。

とあるように非常に曖昧な
状態であると言えます。

オンラインカジノで1万円使う人と
パチンコ屋で10万使う人では
10万使った方が賭博のニュアンスは
強いと思います。

また、オンラインカジノは、
海外で政府が発行したライセンスを
取得しているのであれば
合法的なものになります。

現在は世界中に約2000弱の
オンラインカジノがあり、
その中の優良なオンラインカジノでは
国の正式な監査も定期的に行っています。

そういう意味では、
オンラインカジノも
正式なライセンスを
取得したサイトであれば
違法ではありません。

では日本では大丈夫なのでしょうか?

結論から言いますと
グレーであると言えます。

前述の通り、
法律自体が曖昧で、
裁くための基準が明確ではありません。

仮にオンラインカジノでプレーした人は
「賭け事は海外サイトで
行われているから、
違法ではない」
という意見もあります。

実際にラスベガスに旅行へ行き
カジノで遊んで帰国しても
逮捕されないです。

しかし、
「日本から参加することがいけない」
という意見もあります。

どちらにせよ、
日本の法律では現状裁くのに
明確な基準がありません。

また、日本からアクセスできる
海外オンラインカジノの運営側を
先に裁く必要もあり、
日本のプレーヤーが違法で
裁かれる可能性は
考えにくい現状があります。

そういう意味で
合法でも違法でもない
グレーな状態と言えます。

オンラインカジノは稼げるのか?

オンラインカジノは
ギャンブルの中でも
パチンコや競馬と比べて
ペイアウト率が高いことが特徴です。

ペイアウト率とは
「賭けた金額に対しての
払い戻される金額の割合」
のことです。

払い戻される÷金額賭けた金額×100で
パーセンテージを算出します。

パチスロなどをやる方は
「機械割」や「期待値」と
いうとしっくりくるかもしれません。

ペイアウト率は
宝くじで40%
競馬やボートレース、競輪で75%
パチンコ・パチスロは80%
程度になります。

では、
オンラインカジノはいうと
高いもので97%程度になります。

ギャンブルの中でも
ペイアウト率の高さから
稼ぎやすいということが言えます。

実際、パチンコやパチスロのプロも
いるくらいなので、オンラインカジノで
稼いでいる人もたくさんいるでしょう。

さいごに

今回はオンラインカジノとは何か
について記事を書きました。

普段は資産運用の1つにFXの自動売買も
使っていますが、オンラインカジノにも
自動売買システムがあります。

実際に稼げるものなのか?
というのはオンラインカジノの
ペイアウト率より可能性は十分にあると
わかっていただけたと思います。

私もオンラインカジノの
自動売買システムを使い、
安定して勝つことができる手法や
設定方法もございます。

そちらについての記事は
こちらをご覧ください。

関連記事
オンラインカジノで月利200%以上!2000勝0敗を達成する自動売買システム。

このオンラインカジノの自動売買システムは
有料販売となります。

興味がある方は、こちらのLINE@に、
・何を見て知ったかを書いてください。(ブログ、Twitter、Googleなど)
・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。

LINE@の友達追加はこちらをクリック
line://ti/p/@vmn6313k