評価レビュー

1日たった1時間で2ヶ月目から20万円を稼ぐ方法は稼げない?やまかわ わたるの実績や口コミをレビュー

こんにちは、コウタです。

物販はネットビジネスの中でも稼ぎやすく、初心者が最初に始めるネットビジネスではお勧めです。

今回はやまかわ わたる氏の1日たった1時間で2ヶ月目から20万円を稼ぐ方について記事を書いていきます。

無在庫?ブルーオーシャン?1日1時間で?など本当にできるのかその辺りも考察します。

1日たった1時間で2ヶ月目から20万円を稼ぐ方法とは

●特定商品取引法に基づく表記

特定商品取引法はこのように見れない状態でした。

どこのどんな実績のある会社が知りたいですが、確認できません。

超特殊な無在庫販売で
1日たった1時間で2ヶ月目から
20万円を稼ぐ方法を2週間限定で公開します!

といういかにも楽に稼げてしまう印象を受けてしまいますが、物販は努力をした上で結果が出るものです。

使った時間がそのままお金になる時給の良いバイトのような感じです。

1日1時間で、2か月目から結果が出るとあるので、30時間かければ少なくとも利益が出てくるのでしょう。それならば、納得できます。

しかし、右肩上がりに利益を出すためには、本当に1時間程度で可能なのでしょうか?

「ブルーオーシャン」と表記があるので、新規出品の可能性が高いです。

もしAmazonでブルーオーシャンでないならば相乗り出品となり他に出品者がいるでしょう。他に出品者がいなくて新規に出品するなら、ブルーオーシャンになり得ます。

また、無在庫であることからFBAに納品しない、自己発送の商品登録になりそうです。さらに商品単価も高いので、高額商品も考えられます。

まとめると、高額商品を新規に出品して、自己発送で商品登録し、売れたら発送する無在庫販売となります。

高額でできるだけ利益も高いものをリサーチして、どんどん登録していくのでしょうか?

Amazonの新規出品は比較的時間もかかるので、実際には1時間で結果が出るのか分かりません。

1日たった1時間で2ヶ月目から20万円を稼ぐ方法のメリット・デメリット

メリットは、無料でノウハウを学べるということです。

理解できればそのまま取り入れることもできます。しかしそれを実践するには、有料の便利なツールが必要になってくると個人的には思います。

デメリットは「無在庫」ということ。無在庫はどのプラットフォームでも禁止もしくは今後禁止になる可能性が高いです。理由は売れて仕入れるということは、在庫がなかった場合に購入者へ多大な迷惑をかけるケースも多く、お客さまを大切に考えるプラットフォーム側は無在庫を推奨しません。

今使えるノウハウとしても今後使えなくなる可能性は非常に高いと考えます。

物販でグレーなやり方は必ず消滅します。

・無在庫販売
・コピー品などの偽物の販売
・個人間取引のメルカリでのツールを使った大量販売
・さくらレビュー
などなど

今から物販をする方には有在庫できちんとキャッシュフローを学びながら進んでほしいと思います。

1日たった1時間で2ヶ月目から20万円を稼ぐ方法の評価

物販で簡単なやり方、グレーなやり方は、必ず将来通用しない方法になります。

1日たった1時間で2ヶ月目から20万円を稼ぐ方法は稼げている人がいるのは間違いないでしょうが、今始めていつまでやり続けることが出来るのかは不明です。

特にAmazonはアカウントの健全性に厳しいので、1度アカウントがだめになれば新しく作ることもできません。

物販は真正面からできるだけ安価な品質の良い商品を売るか、セールなどで価格差を見抜くスキルをつけないと永続的には稼ぐことは難しいです。そういう意味から、個人的にグレーな手法の無在庫物販はお勧めしません。

以上で記事を終えます。ご購読ありがとうございました。

無料EAモニター募集中

物販も副収入を得るのに良いですが、FXの自動売買もおすすめです。

現在、XM口座で使える無料モニターを募集中です。

「なぜ無料で使えるの?」と聞かれますが、現在はシステムをより良いシステムに改善を日々重ねていますのでデータをとっているからです。また、長く使い続けてもらうことで証券会社からのアフィリ報酬もあるからです。そういう理由があるので現在は無料で提供することが可能になっています。

私自身も実際に使っていて実績をブログに載せています。実績は右のカテゴリーから見てください。

気になる方は、
⇒FX自動売買システムの実績とモニター再募集はこちら!

興味がある方は、僕のLINEに
メッセージをください。

LINE@の友達追加はこちらをクリック

line://ti/p/@vmn6313k

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。

ご購読ありがとうございました。