評価レビュー

櫻井涼のフォレックスドッグトレードは稼げるのか?評価や口コミは?

SPA 2019年2月に掲載された
櫻井涼氏のフォレックスドックのトレード手法が
公開されました。

トレード手法がどれほどの勝率で
実際に勝てる手法なのか
気になります。

今回は櫻井涼氏のフォレックスドックのトレード手法
について客観的な考えを交えて考察します。

〇特商法の表記

まずは特定商取引法から見ていきます。

会社名 PRATAN LIMITED
住所 FLAT/RM 712, 7/F FONDA INDUSTRIAL BUILDING, 37-39 AU PUI WAN STREET, FOTAN, SHATIN, HONG KONG
販売責任者 櫻井涼
メールアドレス info@timeoffx.com

販売者は櫻井涼さんです。
また、PRATAN LIMITEDの
会社ホームページは見つかりませんでした。

所在地に関しては香港になるようです。

香港は税金面で、日本より
課税されにくいので大きく稼ぐ起業家などは
香港に法人を立てる人もいます。

櫻井涼さんも稼いでいるので
香港を選択しているのでしょうか。

連絡先については
メールアドレスのみでした。

特商法を表記する目的として
事業者による違法・悪質な
勧誘行為等を防止するために
消費者を守るための法律です。

もしトラブルがあるならば
電話で連絡が取れたり
会社も日本の方が安心とは感じます。

〇櫻井涼さんとは

櫻井涼さんは前述のとおり
香港に法人の会社を
持っているようです。

そして動画を見ていく中で
”フォレックスドック”とは
櫻井涼さんのニックネームで
今回の案件は櫻井涼さんの
トレード手法が公開される無料オファーです。

また、動画では
アメリカとカナダの預金口座が
公開されてます。

実際に稼いだどうかのエビデンスとしては
確認できると思います。

〇フォレックスドックのトレード手法は稼げるのか?

フォレックスドックの案件はFXで、
15分足を使うトレード手法です。

あまり短い時間足ならスキャルピング手法で
初心者には難しいトレード手法ですが
15分足なら比較的ダマシは減ります。

しかし、トレードに使う移動平均線を12本も
観察する必要があります。

多くのテクニカル分析を使うならば
ダマシは減り勝率も上がるでしょうが
シンプルな手法かと言えば
そうでもないように感じます。

初心者にはシンプルな手法と
トレードを黙々とこなすメンタルも必要です。

勝つために負けを受け入れることが
できてようやく勝てる可能性が出てきます。

また、FXをやるうえで大きな稼ぎを得るには
資金が必要になります。

大きな資金の準備ができて
FXトレードを経験して
さらに勝てる手法探しとして
使うのが良いのでは、と個人的には感じます。

〇フォレックスドックのトレード手法は無料で使えるのか?

一般的に無料オファーは入り口が無料で
高額塾などのバックエンドがあるのは普通です。

今回の無料のトレード手法だけでは
おそらく勝ち続けることはできずに
高額塾の案内を受け取り
入塾をする可能性があるでしょう。

その時に特商法の内容がやはり気になりますし
高額塾で学べば結果が必ず出ることが
約束されているわけでもないので
慎重に考えるべきだと思います。

〇最後に

FXで勝ち続けるためには
・精神的な強さ
・トレードに慣れるための膨大な時間
・十分な余剰資金

などは必ず必要になります。

特にたくさんの資金が準備できない場合は
高額塾に入るなどの選択肢は
良いとは思えません。

むしろその資金を運用に使う方が良いです。

そして、裁量トレードは
時間もかなり拘束されるので
本気で取り組む覚悟が無ければ
FXの世界の9割の敗者になってしまう
可能性が高いでしょう。

個人的には今からFXトレーダーを
目指さない限り
時間を使わないで済む
FX自動売買の方が良いのではと感じました。

ご購読いただきありがとうございました。

無料EAモニター募集中

様々資産運用がありますが

副収入を得るのには、時間も少ない方は

FXの自動売買もおすすめです。

実際に運用してみて、
自分のお金で売買をシステムが行うので、
利益を出す中身が分かります。

現在、XM口座で使える無料モニターを募集中です。

私自身も実際に使っていて実績をブログに載せています。
実績は右のカテゴリーから見てください。

気になる方は、
⇒FX自動売買システムの実績とモニター再募集はこちら!

興味がある方は、僕のLINEに
メッセージをください。

LINE@の友達追加はこちらをクリック

line://ti/p/@vmn6313k

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。

ご購読ありがとうございました。