Amazon×中国輸入

物販で稼ぐならFBAを使うべき理由とメリットとは

こんにちは、コウタです。

物販と一口に言っても販路や仕入れ先で難易度や自動化のしやすさなど大きく違いがあります。中でもAmazon販売で中国輸入仕入れをFBAを使ってするのは最終的にて離れも良く自動化がしやすい物販の形と言えます。

今回は他の販路と比較した時の FBA を使うべきメリットや理由について記事を書いていきます。

〇物販をしていてぶつかる壁とは

物販とはわかりやすいビジネスモデルで安く仕入れて高く売るというものです。そこに価格差があればどんな商品でも利益を出すことができます。

例えばメルカリやヤフオクなど個人でも取り組みやすいプラットフォームであれば簡単に始めることができます。

特にメルカリはユーザー数の多さなどから売れやすい特徴もあり物販初心者がメルカリから入ることは多いです。

初めはリサーチをして売れる商品が見つかれば仕入れをして販売していく。きちんとしたノウハウで行動できれば比較的早い段階で結果は出るでしょう。

ある程度売り上げが立っていくうちに、出品や発送の作業に多くの時間が取られて、新しい商品リサーチや商品ページの作成や加工に手が回らなくなってきます。

特に発送の作業は売れれば売れるほど行わなければなりませんので、10個発送するのに1時間の時間がとられているとすれば、50個売れれば5時間の発送作業がかかってしまうことになります。

打開策としてはクラウドワークスやランサーズなどで人を雇い、外注化していく方法になってくるでしょう。この時点で一人で物販行う限界になってしまうのですが、 販路をAmazonでFBA を使えばそのようなことにはなりません。

〇Amazon転売で出てくるFBAとは何か?

まずはFBAとは何かということについて解説していきます。

FBAとは「フルフィルメント by Amazon」の略称です。フルフィルメントとは、商品を買いたい人が、注文をして商品が手元に届くまでに必要な業務全般のことを指します。

商品を買う側は、商品を選んでショッピングカートに入れて決済をすれば、商品が家に届きます。

売る側の業務としては

・商品を買った人へのメッセージ
・商品の検品
・商品の梱包
・商品を郵便局やコンビニなどで発送
・商品発送の連絡
・商品受け取り後のメッセージ

などが通常の業務としてあり、

それに加えて

・在庫保管
・梱包資材の保管・発注
・返品対応
・クレーム対応

などの業務も加わってきます。

この必要な業務(フルフィルメント)をAmazonがすべて代行して行なってくれるサービスがFBAです。

〇FBAを取り入れるメリット

□1 年中無休のお店を作ることができる

消費者が商品を購入して商品が届くまでの作業を全てAmazonに委託できるので、 旅行に行っている時も寝ている時も自動で販売することができます。

24時間365日商品の販売ができるのはFBA最大の特徴です。

□2 梱包や発送の時間を削減できる

梱包や発送の時間は物販をする上で必要な時間ですが、今後売上が伸びていく作業ではありません。

梱包や発送でかかるはずの時間を新しい商品のリサーチやより売れやすくなる商品ページの作成に時間を使えば、今後の物販の売り上げの拡大に直結します。

□3  在庫を保管するスペースが入らない・管理がしやすい

全国15ヵ所ある Amazon FBA の倉庫に商品を一度送ってしまえば、在庫を保管しておく必要はありません。

売上や商品数が増えると在庫管理も大変ですが、 Amazon のブラウザ上で簡単に在庫の確認ができるので、管理も簡単です。

〇さいごに

FBA を使うことで、物販の売り上げを伸ばしやすいのは事実です。

手数料など高い部分はありますが時間をお金で買うという感覚とも言えます。

ビジネスを大きくしていって余剰を作っていけば、その後投資などでより不労所得に近づいていきます。

Amazonで販売するのであれば是非FBAを使ってビジネスを拡大させていってください。

無料EAモニター募集中

稼ぐ方法はたくさんありますが

副収入を得るのには、時間も少ない方は

FXの自動売買もおすすめです。

実際に運用してみて、
自分のお金で売買をシステムが行うので、
利益を出す中身が分かります。

現在、XM口座で使える無料モニターを募集中です。

私自身も実際に使っていて実績をブログに載せています。
実績は右のカテゴリーから見てください。

気になる方は、
⇒FX自動売買システムの実績とモニター再募集はこちら!

興味がある方は、僕のLINEに
メッセージをください。

LINE@の友達追加はこちらをクリック

line://ti/p/@vmn6313k

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。

ご購読ありがとうございました。