評価レビュー

星野真実のおもてなしビジネスは稼げるのか?評判や実績は?

権利収入と買い取り保証によって 誰でも簡単に 確実に利益が得られる奇跡のビジネスが誕生としてオファーが出されている星野真実さんのおもてなしビジネス

権利収入と言えばビジネスをしている人なら誰もが欲しいと思う収入の形です。それを本当に簡単に手に入れることができるのか?

今回は星野真実さんのおもてなしビジネスについて記事を書いていきます。

〇星野真実のおもてなしビジネスは稼げるのか?評判や実績は?

まずは特商法の表記から見ていきます。
特商法は消費者を守るための法律ですのでしっかり確認しておきたいところです。

特に商品についての質問をするためには連絡の取れる連絡先や電話番号があることが重要です。また販売者がしっかりしているのかというのを確認するためにどのような会社そして住所の記載はあるかなども見ておく必要があります。

販売業者名:株式会社アース
販売事業者所在地:〒140-0061 
東京都中央区銀座6丁目13番16号銀座WALLビル UCF501
連絡先:03-6434-1588

今回は特商法について販売者名や連絡先、住所の記載もありましたのでその点は安心できる印象です。

さて内容の方ですが、おもてなしビジネスは、 簡単なビジネスとうたっているだけに作業はシンプルなものです。

日常の中で写真を撮って アップロードするだけで報酬が発生するという仕組みのようです。

例えば食事や風景の写真を撮り、その写真を投稿する。後はそのままお出かけや食事を楽しむという至って普通の日常生活を送るだけのようです。

有名なブロガーやインスタグラマーなどは日常の旅行や食事などのことについて記事や写真をアップするだけで収入に結びつけている人もいます。

しかしそれはその人たちがブランディングされており広告塔のような形で収入に結びついているケースが多いです。

そしてランディングページの中では月に30万円から100万円が稼げるという記載もあります。月30万円を稼ぐのは簡単なものではないと思われますが、このおもてなしビジネスは確実に稼げるとの記載もあります。

日々の写真をアップするだけで確実に稼げるのであればやってみたいとも思います。

またその写真をアップするプラットフォームは公開されていません。発案者の星野真実さんが 提供しているそのプラットフォームを使うには通常は3万円の使用料がかかるそうですが、今回のオファーでは9800円で使用できるそうです。

またアップロードした写真は1枚5000円から1万円で販売されるそうなので数枚アップできれば十分元は取れると考えられます。

星野真実さんのおもてなしビジネスは自分の撮った写真が売れて権利収入のような形で継続的に入ってくる仕組みのようです。

確かにビジネスモデルとしては可能かもしれませんが、それで確実に30万~100万というのは疑問が残ります。今はいろんな情報をネットで手に入れることができるので、確かに写真があればよりユーザーへはわかりやすく伝わります。写真の価値というのはあるのも理解できます。

しかし写真1枚を5000円などで売るにはプロのカメラマンはどうなるのでしょうか。誰がどのような写真を欲しいのかというので、写真1枚の相場は変わると考えられます。

星野真実さん独自のプラットフォームなのでそれを実現しているのかもしれませんが、もしそれが本当であれば自分や数名を雇って写真をどんどんアップしていた方が稼げるような気がします。

使用料という形で不特定多数の人に募集をかけているので、今後そのビジネスの方ははしないのかというのも気にかかるところです。

今回の無料オファーも正直やってみないと分かりません。写真を撮るのが好きという人にはとても向いているビジネスの可能性はあります。

問題はその内容が再現性が高い、つまり誰がやっても同じような成果が上げられるビジネスモデルなのかというのはしっかり確認して取り組む必要があります。

以上で今回の記事を終えます。ご購読いただきありがとうございました。

無料EAモニター募集中

稼ぐ方法はたくさんありますが

副収入を得るのには、時間も少ない方は

FXの自動売買もおすすめです。

実際に運用してみて、
自分のお金で売買をシステムが行うので、
利益を出す中身が分かります。

現在、XM口座で使える無料モニターを募集中です。

私自身も実際に使っていて実績をブログに載せています。
実績は右のカテゴリーから見てください。

気になる方は、
⇒FX自動売買システムの実績とモニター再募集はこちら!

興味がある方は、僕のLINEに
メッセージをください。

LINE@の友達追加はこちらをクリック

line://ti/p/@vmn6313k

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。