評価レビュー

野村祐輔 520プロジェクトは稼げるのか?評判や実績は?

1年で総額10億円を
100人に稼がせたとして謳う

野村祐輔さんの520プロジェクトという
オファーが出されています。

10億円を100人で割ると
1000万円なので、
1年で100人も1000万を稼ぐ人を
輩出するというのはかなりすごいです。

一体どのようなビジネスで稼ぐのか?

今回は野村祐輔さんの520プロジェクト
について記事を書いていきます。

野村祐輔 520プロジェクトは稼げるのか?評判や実績は?

まずは特商法の表記から確認します。
特商法は消費者を守るための
法律であるため高額商品を買う前は
ぜひとも確認をしておきたいところです。

会社名や販売責任者の表記があり、
住所の表記もありました。

特商法を確認するうえで
注意したいのが住所と電話番号です。

要は、いざ思っていたものと
異なった場合にクーリングオフなどの
制度を使うので連絡の取れる
電話番号や運営の住所などが
あった方がいざというときの保険になります。

今回は電話番号はありませんが、
住所はありました。

しかし、記載の住所を調べたところ
バーチャルオフィスであることが
分かりました。

バーチャルオフィスは
住所のレンタルサービスのような
ものでそこに人はいません。

ですので、今回は住所や電話番号は
ないものと考えた方が良いでしょう。

さて、現金5万円と
毎週最低20万円を提供すると
あります。

今回の案件は投資のようです。

動画の指示通りに進めて、
あるシステムを使うことで
毎週20万円以上が入るという仕組みです。

仮に投資だとすれば
それなりのリスクの上に
リターンがあるものなので
その投資法やリスクは
きちんと理解しなければなりません。

また、毎週20万円を
いくらの投資金で手に入れることが
できるのかも重要です。

毎週最低20万なので月に
80万以上となります。

仮に1000万の投資金を
準備して毎月80万の利益を
出すのならば
月利8%です。

12か月続けると
単利で年利96%です。

かの有名な世界の投資家
ウォーレンバフェットが
平均年利20%なので
その約5倍のパフォーマンスとなります。

そういう意味ではかなり
現実的な数字でないように
感じられます。

ウォーレンバフェットと同じ年利20%の
パフォーマンスとすれば
資金5000万が必要で
半分の10%ならば1億円の軍資金が
必要になります。

それほど毎週20万を稼ぐというのが
現実的な数字でないことは
理解すべきだと考えられます。

野村祐輔さんのプロフィールですが
日本の大手銀行で3年、
ニューヨークで10年の
金融の経歴があるようです。

富裕層の投資を支援する
資産運用のコンサルタントと言えば
プライベートバンカーを
指すのでしょうか。

日本のメガバンクや大手証券会社にも
存在しますが、超エリートの
やり手金融マンや証券マンでも
一流と言えるプライベートバンカーは
数少ないものです。

富裕層は有能なプライベートバンカーと
タッグを組み、資産を増やす方も多いです。

なぜ、今回、
一般の方向けの稼ぐ手法を
案内したのか疑問です。

億以上の資産を持つ富裕層の
資産運用をした方が
効率的に稼ぐことができるでしょうし、
もし社会貢献で一般層を支援するのならば
公的機関と組んだり、
有名な経済の著名人などと
タッグを組んで広める方法もあったと思われます。

また、世界初の金融システムの
20システムを開発した

とありますが、

世界初のシステムであるにも
関わらず、調べても情報は見つかりませんでした。

今回の野村祐輔さんの520プロジェクトは
疑問の残る点や具体的なビジネスモデルは
明かされておらず

正直なところ判断をするのは
難しいと感じられました。

ただどのような案件でも
具体的なビジネスモデルや投資法、
それで結果が出ているというエビデンスは
確認すべきだと考えます。

以上で記事を終えます。
ご購読いただきありがとうございました。

無料EAモニター募集中

稼ぐ方法はたくさんありますが

副収入を得るのには、時間も少ない方は

FXの自動売買もおすすめです。

実際に運用してみて、
自分のお金で売買をシステムが行うので、
利益を出す中身が分かります。

現在、XM口座で使える無料モニターを募集中です。

私自身も実際に使っていて実績をブログに載せています。
実績は右のカテゴリーから見てください。

気になる方は、
⇒FX自動売買システムの実績とモニター再募集はこちら!

興味がある方は、僕のLINEに
メッセージをください。

LINE@の友達追加はこちらをクリック

line://ti/p/@vmn6313k

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。