FX

海外FXでよく聞くMAM(マム)やPAMM(パム)とは何なのか?

こんにちは、コウタです。

FX自動売買も様々な運用方法があります。海外FXでの運用をする中で、MAM口座やPAMM口座という言葉を耳にします。

海外では広く使われていますが、国内のFXでは無い手法です。海外FXを使う際にはぜひ予備知識として知っておきましょう。

今回は、MAM口座やPAMM口座は何なのか解説していきます。

〇MAM口座やPAMM口座とは?

MAMとは、「マム」と読み、「Multi Account Manager」の略称になります。和訳すると「複数アカウントの管理者」という意味です。
PAMMとは、「パム」と読み、「Percentage Allocation Management Module」の略称になります。「パーセンテージの単位で配分して管理する」というような意味です。

ここでMAMもPAMMも”Manager”や”Management”などの「管理」という言葉が入っています。この手法はマネージドアカウントと呼ばれる運用方法です。

マネージドアカウントとは、FXでの運用をプロトレーダーやプロが開発したEAを使って、個人の代わりに資産運用をしてくれる手法となります。
長期的に勝っている優秀なトレーダーやこまめなアップデートで勝ち続けるEAがあれば、委託するだけでFXでの運用が可能になります。

自分の口座で運用ができるため、「詐欺にあって持ち逃げされた」などの心配もありません。自分の口座で好きなときに出金できるのもMAMやPAMMのメリットです。

〇MAM口座やPAMM口座の違いはなんなのか?

前述のように、管理者に運用を任せる仕組みは同じです。

しかし、MAM口座は「取引を誰でも見ることができる」、PAMM口座は「取引は見れないが、増減を見ることができる」という違いがあります。

MAM口座のデメリットは手法のノウハウが分かれば、それを持ち出し辞めていく人もいるのです。見られてはいけない特別なトレード手法であればPAMM口座を利用するケースも少なくありません。

〇MAM口座やPAMM口座はどのようにロット数が決められるの?

MAM口座やPAMM口座では、運営管理者が親の口座として、運用されています。それに顧客の口座を子の口座として紐づけするのです。

仮に親口座1000万円で1.0ロットの運用がされているとします。

子口座A:500万
子口座B:2000万
子口座C:10万

の口座が紐づけされていると

1000万円で1ロットだったのと同じ割合で取引をされるため、口座Aでは半分の資金のため0.5ロット、口座Bでは倍のロットなので2.0ロット、口座Cでは100分の1の資金なので0.01ロットでの取引がされます。

親口座の1000万の資金で1.0ロットで運用することが安定した運用であれば、それぞれ口座A、B、Cも資金に合わせたロット設定が自動的にされているため問題なく安定した運用がされていることになります。

〇MAM口座やPAMM口座はEAの設定もいらない

また、もう一つメリットで、スマホだけでも運用ができます。

EAを使う場合PCが必要なのはMT4というソフトにEAのファイルを入れて運用するケースが多いからです。実際に日本で出回っているEAのほとんどはMT4を使うものです。もちろんこちらも良いEAはありますが、初期設定が難しかったり、VPSを使うことでランディングコストがかかるというデメリットもあります。

良いEAを選んで使うのであれば、MAM口座やPAMM口座の方がコストもかからず、口座を開いて紐づけをしてもらうだけなので、簡単だと思います。

MAM口座やPAMM口座は投資家と運営者のWIN-WINの関係が作れる仕組みです。勝ち続けることで、手数料などの運営者へのメリットもあります。

以上で記事を終えます。ご購読いただきありがとうございました。

無料EAモニター募集中

稼ぐ方法はたくさんありますが

副収入を得るのには、時間も少ない方は

FXの自動売買もおすすめです。

実際に運用してみて、
自分のお金で売買をシステムが行うので、
利益を出す中身が分かります。

現在、XM口座で使える無料モニターを募集中です。

私自身も実際に使っていて実績をブログに載せています。
実績は右のカテゴリーから見てください。

気になる方は、
⇒FX自動売買システムの実績とモニター再募集はこちら!

興味がある方は、僕のLINEに
メッセージをください。

LINE@の友達追加はこちらをクリック

line://ti/p/@vmn6313k

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。