投資・資産運用

投資型クラウドファンディングの種類、リターンなど解説しました

投資や資産運用も時代とともに
変化しています。

投資型クラウドファンディングは
近年、徐々に人気の投資方法として
注目されています。

今まで株式投資やFXなどの投資を
やっていた方も興味を持ち
テレビなどのマスメディアの影響で
資産運用の選択肢の1つになっています。

今回は投資型クラウドファンディングの
種類、リターンやメリットなどを徹底解説します。

1 投資型クラウドファンディングとは?

投資型クラウドファンディングとは、
まだ新しく成長段階の企業が
資金を集める際にインターネット上で
大きな資金を少しずつ多くの投資家から
集める仕組みです。

投資型の場合は資金を提供した
投資家に対して金銭的なリターン
あるものを指します。

投資型のほかにリターンのない寄付型や
物やサービスでリターンのある購入型などが
あります。

2 投資型クラウドファンディングのリターンは?

不動産系の案件であれば4%~14%
事業系の案件なら5%~8%など
投資型クラウドファンディングの
会社によって異なります。

2018年11月3日時点では
企業ごとの平均が5%~10%に
ほぼおさまっていました。

年利5%~10%もある金融商品と
なれば十分にリターンの見込める
投資対象ではないでしょうか。

3 投資型クラウドファンディングの種類はあるのか?

投資型クラウドファンディングは
大きく分けて3つの種類があります。

・株式投資型クラウドファンディング
・貸付(融資)型クラウドファンディング
・ファンド型クラウドファンディング

1つずつ見ていきましょう。

株式投資型クラウドファンディングとは?

未上場企業の株式に投資できる
クラウドファンディングです。

株を買う際には通常100株などの
単位で買うため、1株5000円のものなら
50万の資金が必要となります。

しかし、クラウドファンディングで
行うことで少額からの購入も可能になります。

ベンチャー企業へのIPOはリターンも
期待できる人気のある投資です。

これから成長するベンチャー企業へ
少額から投資できるので
分散投資としてもオススメです。

貸付(融資)型クラウドファンディング

こちらは主に不動産や事業などをする
企業に対して、個人投資家が資金を
貸し付けるクラウドファンディングです。

やはり新しい企業は
多くの資金を集める際に
事業の再現性はあるが
ベンチャーであるため
銀行から借り入れることが
できない場合にも使われるようです。

貸付(融資)型クラウドファンディングは
世界的にも注目され、市場を伸ばしています。

近年はビットコインなどの
仮想通貨に隠れていてあまり
目立っていませんが、
日本でも人気の投資先となるでしょう。

ファンド型クラウドファンディング

ファンドとは投資家や富裕層から
集めた資金を運用する投資のプロたちを
表します。

ファンド型クラウドファンディングは、
クラウドファンでキングの運営側が
投資家から資金を集める仕組みです。

他と同様に売上の一部をリターンとして
手に入れることが出来ます。

無料EAモニター募集中

投資型クラウドファンディングも
おすすめな投資商品ですが、
お金が増えるのに時間と資金が
必要です。

時間と資金を準備できない方は
無料EAで資金作りもできます。

無料モニターとして、
無料でシステムを利用でき、
FXコミュニティにも参加できますので
投資で重要な資金管理も勉強できます。

本格的なFX自動売買投資の資金作りや
副業、新しい投資先としても使えます。

今、人数限定で無料モニターを再募集しています。

LINE@に登録してくれた方には「無料EAプレゼント」しますので
お気軽に登録してくださいね!

⇒FX自動売買システムの実績とモニター再募集はこちら!

興味がある方は、僕のLINEに決意表明と一緒に
メッセージをください。

・お名前
・意気込み

を書いて送ってください。